讃州鳥のこと

【骨付鳥のこと】 骨付きの鳥もも肉を焼いた香川県発祥のご当地グルメ。 塩胡椒やニンニクなどでスパイシーに味付けをし、たっぷりの油で焼き上げるます。付け合わせのキャベツやおにぎりなどを油にくぐらせて食べるのが讃岐流。 讃州鳥は、県内処理の新鮮な国産鳥や調味料一つ一つにこだわり、安心安全で美味しい讃岐の味をお届けする”さぬきのほんまもん”です。 【讃州鳥が生まれたきっかけ】 讃州鳥は「居酒屋楽屋」の店内ブランドとして産声を上げました。 居酒屋楽屋は、駅近の個室居酒屋として、県外の方々にも多数利用いただいてます。そんな中、終電に間に合わすようにお店を駆け出していく方々を見かけることもしばしば。 そのような光景を目にする日々で、ふとした疑念が湧き上がりました。 「お仕事で来られたとはいえ、香川を楽しんでいただけたんだろうか?」 「この時間からお土産を買うところはないんじゃないのか?」 それをきっかけに、飲食以外でご提供できるものはないかと試行錯誤をしていく中で、居酒屋らしい香川のお土産として、ソウルフードの骨付鳥を開発するに至りました。 飲食業に携わってきた20年間の中で培ってきた想いや経験を活かし、作り上げた骨付鳥「讃州鳥」。讃州鳥が、皆様の食卓に「口福」と「さぬき時間」をお届けできれば幸いです。 【店主のこと・想い】 父が早くに鬼籍に入り、事業承継したのが20歳の時でした。 成人したとはいえ、精神的にはまだまだ子供だった自分に残された借金を聞かされた時に大きな絶望を感じたのを今でも覚えています。 最初の7年間は飲み屋を、そこから現在に至るまでは居酒屋を経営し、地道に返済額を増やしていった反面、功を焦り事業展開し借金の上塗りをしてしまったことも1度ではありません。 それでも、20年以上も商売ができてきたことは、様々な人に支えられてきたから。歳を重ねるごとにそのようなことを深く感じるようになりました。 お客様とのご縁 生産者や業者の方々とのつながり 友人や先輩後輩の支え 様々な「つながり」こそが、私自身の人生における重要なキーワードなのです。現在では居酒屋、惣菜店、骨付鳥オンライン販売と小規模ながら様々なチャレンジをさせていただいてます。 その全てに「つながり」という大切なキーワードと、私たちが提供できる「食」でひと時でも素敵な時間を過ごしていただきたいという想いを込めています。 これを読んでいただいたあなたとのご縁からも繋がっていけることを、心より願ってます。 2020年7月25日  株式会社GOODTIME CREATE 代表取締役 日下 伸彦